無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
2012、釣り解禁
2012、2月22日(水)
久しぶりの休日。
先週、2月16日(木)には、長野県のほとんどの河川が釣り解禁を迎えた。
昨年は、休日と解禁日が重なり当日に犀川への釣行だったが・・・・
今年は、1週間ずれ込んでの「私の釣り解禁」となった。

先週は、ずっと冷え込みが続き釣果は思わしくなかったようだ。
昨日の天気予報では天候もまずまず・・・気温もかなり上がるようだった。

昨年は、寒さでロッドのガイドも凍るほどで、とても釣りができる状態ではなかった。
それを踏まえ、今年は “のんびり!” “ゆっくり!”と構え10時頃からスタートした。

AM8:00 家を出発。
AM9:00 豊科インターを出た。

迎えてくれたのは、快晴と雪をまとったアルプスの山々。

解禁から1週間。
きっと多くのアングラーに攻め続けられ、魚たちもナーバスになっている事だろう。
水位も減水・・・・・水質もクリアー・・・・・

数日前から、何処へ入川しようか思い巡らしていた。
水量が安定していて、魚の付きやすいポイント・・・・・ウム???

結局、入川場所は、「睦のラン」
このポイントは、本線側がコンクリートで護岸されている。
川底には、ある程度の岩?ストラクチャー?が点在する。
  
対岸ぎりぎりへフライを落とし込み、本線をスイングさせる。
長いラン。どこでコンタクトがあるか分からない。
ここの本命ポイントは、対岸護岸の切れ目!

AM10:00 釣りスタート!
昨年、台風の影響で随分犀川も荒れたようで、河原の岩・石がとても綺麗だった。
ユスリカがかなり飛び交っているが、大型の虫達は見られなかった。

当初、システムを「シンキングラインタイプ4」・「シンキングリーダー」と考えていたが、あまりの減水だったのでラインを「タイプ3」へと変更。

上流対岸ぎりぎりへフライをキャストし、2ステップダウン。
ミスキャストすると、もう一度。
慎重に!慎重に!とキャストを繰り返した。
途中、2度アタリはあるもののラインを引き込むほどのではなかった。

本命の対岸護岸の切れ目に差し掛かった。
ラインが流れの本線で一直線になった瞬間
 “グッ!ググッ!ググーンッ!”
と引き込まれた!

思わず合わせを入れると、ロッドを絞り込み次には水面でのジャンプ!
大型の鯉のような尾びれの水叩き!
 “ダバッ!ダバッ!ダバーンッ!”
 “でかいッ!50UP!”
ロッドを倒し次のジャンプを警戒した。
 “グンッ!グンッ!グン!”
さらに、ロッドは絞り込まれ魚の走りを止めようとドラッグを目一杯締め込んだ瞬間・・・・“フッ!”と軽くなってしまった。

フライを回収するとドロッパー・リードどちらもフライは付いている・・・・
掛りが浅かったのか???
とにかく!このワンチャンスを物に出来ない自分にイラついた!!!!

少し上流へ戻り、さらにこのポイントを流してみたが・・・・

時計をこのとき初めて見ると午後1時を回っていた! “エッ!”
・・・3時間も呑まず食わず休憩もせず!!・・・
・・・ロッドを振り回していた!!・・・
・・・呆れたオヤジです!!・・・

昨年の解禁も魚からのコンタクトはあるものの、姿を見ずじまい!
今年の解禁もキャッチとは至らず・・・・!
まぁ!私の釣り解禁は、いつもこんなものなんでしょう!

釣りも始まったばかり、これから!これから!
でも!次はリベンジです!

今年の魚釣り!どんな魚達に出逢えるのか楽しみですね!
| ybag | 釣りの事 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2012/02/29 12:24 AM posted by: ハンコや
悔しさが伝わりますが楽しそう。
町内のブログにリンク貼らせてもらいました。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ybag.jugem.jp/trackback/114